クレーン 付き トラック

人気があるクレーン付きトラック

建設現場や土木工事など工事の現場で活躍するのがクレーン付きトラックです。2台分の機能が1台に集約されているため、車両の購入費用はもちろんメンテナンス費用や点検費用、維持費などを節約することができるだけでなく、燃料代や人件費などのコスト削減にも役立つので大変人気があります。作業の効率をアップさせる効果もあり、狭い場所の荷物や資材の積み下ろしができたり、2台の車両を調整したりする必要がないため、スピーディに作業を進めることができるというメリットがあります。ボディの大きさや装備の場所、ジャッキや低床などいろいろなタイプがあるので、業務内容に即したタイプを選ぶことがポイントになります。新車だと価格が高いため、中古を選ぶという選択肢も人気があります。

クレーン付きトラックを選ぶときのポイント

移動式の吊り下げ装置が付いている大型車両で、様々な使い方ができるため大変人気がありますが、軽量の資材や荷物を運ぶ場合には、ロングタイプを選び、鉄骨資材など重量物を運ぶ場合には、重量に対応したショートタイプを選ぶことが基本です。吊り下げ装置はキャビンの後ろに取り付けることが一般的ですが、業務内容によっては荷台の後方に取り付けることもあります。1台で積み込みから運搬、荷下ろしまでできるところが魅力なので、業務に合わせて1台で作業ができるようなタイプを選ぶことがポイントです。ブームが長いほど作業効率が良いというイメージがありますが、長ければその分に上げ能力が低下してしまうため、ブームが届いても荷物を上げることができないという状態になる場合があります。ブームが長い物は、軽量の物を取り扱う場合に適していることを覚えておきましょう。

中古のクレーン付きトラックを選ぶときのポイント

小回りが利き、1台で荷物の積み下ろしと運搬をすることができるクレーン付きトラックは、狭い場所でも作業を効率よく進めることができたり、経費を節約することができるなど作業効率を上げるとともにコスト削減をすることができる人気の車両です。装備が付いているため、新車では高くて購入できないという場合やコストを抑えたいことも多く、中古でも人気があります。中古で選ぶ場合には、エンジン音と走行距離を確認することが一般的です。動力を車両側が供給するため、走行距離に対してエンジンが消耗していることがあります。走行距離を確認するだけでは、車両の消耗具合を見誤る可能性があるため、エンジン音を確認したり、エンジン部分などの点検をしているかどうかも確認することがポイントになります。