クレーン 付き トラック

クレーン付きトラックを購入するにあたって知っておきたいこと

クレーン付きトラックは、重い積荷を運搬したり資材を積載する上で欠かせない車両です。通常の車両とは異なり、特殊な運転資格を必要とする専門色の高い車両でもあります。そのため、購入する前には十分なチェックを行うことが必要不可欠です。新車はもちろん中古車においても、通常のトラックを購入する際とチェックするポイントはあまり変わりませんが、いくつかの注意すべき点もあります。重い積荷を取り扱うため、操作面・機能面はもちろんのこと安全面に関しても気をつけてチェックしなければなりません。ここでは、車両を購入する上で気をつけたいポイントを解説していきます。特に、新車よりも購入する機会の多い中古車両の購入に関して、チェックすべきポイントを学んでいきましょう。

「クレーンが動くかどうか」は要チェック

この部位が問題なく稼動するかどうかの確認は、中古のクレーン付きトラックを購入する上で最も重要確認事項となります。ただしここで気をつけたいのは、「動くかどうか」だけではなく、操作した時の動作の滑らかさであったり、止めたいタイミングで確実に止まる「制動力」も確認する必要があります。こういった業務用車両を導入する際に、ついスピード・生産性や効率といったポイントだけに目が行きがちですが、操作ミスなど不測のトラブルが起きた場合に制動性能が安定しているかどうかは非常に重要です。具体的なチェック項目としては、通常時の動作とエンジンの回転数を上げた時の動作の両方を確認すること、そして操作する際にタイムラグが発生しないかどうかの2点は必ず入念にチェックしましょう。この確認に併せて、エンジンのアイドリングも確認しておくとさらに安心です。また、安全装置も一緒に確認しましょう。ブーム格納前にアウトリガを動かそうとしたら警報が鳴るかどうか、といった適切な抑止効果を見ます。安全装置に関しても自動的に作動するのか、操作するものなのかも見ておく必要があります。

ラジコン装置の有無も確認しておきたい

もしラジコン装置が必要であれば、後付を考えるのではなく最初から装備済みの車両を購入した方が無難です。後付は可能であるものの、工賃は数十万円から百万円近い費用がかかることが大半です。中古車両を探す場合は特に、できる限りラジコン装置付きの車両を探しましょう。その際も、安全装置と同様に動作を必ず確認しましょう。この他、中古車両で気をつけたいのが点検整備記録簿の付属に関することです。当然、車両の品質・状態に関わることなので、厳重にチェックしてください。以前のオーナーがあまり使い込んでいない車両の場合、軽整備のみで点検整備記録簿がほとんどない場合もありますが、その際も一応全てに目を通しておいた方が無難です。点検整備記録簿がない場合に関しては、販売店の担当スタッフに必ず気になる点を確認しておきましょう。