クレーン 付き トラック

クレーン付きのトラックを購入するメリット

作業現場で効率よく仕事をするために欠かせない大型輸送車両と大型吊り下げ車両が一体化しているクレーン付きトラックは、鉄やコンクリートなどの重い資材を扱うことができ、移動も楽にできることが大きなメリットです。幅広い現場活用されており、作業効率が良くなることや保有車両の台数を減らす効果があるため維持費やメンテナンス費用、人件費などの経費削減にも大きく貢献することができます。積載量も多いため、積み込みから輸送、積み下ろしまで一台で行うことができ、スピーディに作業を進めることができます。作業現場で大変人気があるため、新品でも中古でも流通量が多く、活躍度が高い車両として一般的になっています。使用頻度が高いため、レンタルよりも購入することで費用を抑えることができます。

クレーン付きトラックの種類と大きさ

作業の質や量に合わせた種類や大きさを選ぶことができ、ユニックと呼ばれている一般的なタイプからカーゴタイプなど種類が豊富です。ユニックは、小型から大型まで車両のサイズや必要性に応じて吊り下げ機器を選ぶことができます。マニュアルモデルやラジコンモデルがあり、省エネタイプや安全装置を装備しているモデルもあります。幅広く豊富な装備を行うことができるカーゴタイプは、荷物を吊るしたり、運搬作業や貨物の積載など一台で行うことができる車両です。他にも吊り下げ部分の形状によって種類がたくさんあることが特徴で、請け負う仕事の種類によって選ぶことができます。どのタイプも一台で積み下ろしはもちろん荷物や資材の移動、運搬まで行うことができ、効率よく作業を進めることができます。

クレーン付きトラックを購入するメリット

種類や大きさが豊富で現場での業務に応じた種類を選ぶことができるクレーン付きトラックは、作業効率と積載が大きなメリットです。両方の機能が付いている車両を使うことで、資材や建材を複数の車両が入ることができない狭い場所でも楽に上げ下げすることが可能で、車両のサイズに合わせた吊り下げ機器を装備することもできるため、用途に応じて使い分けることもできます。建築現場や工事現場などで使用されることが多く、主資材を運搬するときに欠かせない重要度が高い車両です。2台分の機能が1台に集約されているため、2台所有するよりも初期費用や維持費、点検整備費を節約することができ、人件費の節約もできるためコストダウンに貢献することも大きなメリットです。活躍頻度が高い場合には、レンタルよりも購入がおすすめです。